スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

抜糸

2006/04/19 Wed 20:17

無事に抜糸が終わりました~~!!

060419_1.jpg

…って、無事に済むわけないじゃないですかーーッ?!

大変だったのですよ、ほんと…(涙)
ヲイ、そこの弟よ! 本当に本当に大変だったんだからねーー!!

午前中、着たきりスズメだった弁慶の赤シャツを洗おうと、事務所でゴシゴシ。
弁慶の定位置は私の机の横なので、乾くまでの間見張ってれば傷口を触ることもないだろうって思ってたんですよ。
思ってたのですが…。。。
ちょっと、ほんのちょっと目を離した隙に、自分で3本抜糸しちゃってましたーー
もちろん綺麗に糸が外れるわけはなく、半ば無理矢理に引きちぎってしまったという感じで…。
血が滲んでとっても痛そうな状態に。

そんなこんなになってしまったので、急遽予定を早め抜糸しに行ってきました。

抜糸が始まり、背中の3本目までは順調だったんですよ。
えぇえぇ、3本目までは。
へー弁慶って意外とお利口さんだな~なんて思った矢先、(4本目に突入した時)やっぱりというか何というか、突然暴れ出しちゃったんです。
しかも、鉗子(って言うんですか?ハサミみたいなの)がしっかりと糸を挟んでいたもんだから、弁慶が暴れるとその鉗子も一緒に宙を舞うんです。
逃げても逃げてもついてくる鉗子。
弁慶はそのついてくる鉗子にさらにパニックを起こし、鳴き叫び右へ左への大暴れ。
そんな弁慶をなだめるのはもちろん私しかいないのです。
身体を張って弁慶を取り押さえ、なだめながらだましだまし落ち着かせ、やっと鉗子の撤去に成功。

それでもまだ興奮冷めやらぬって状態だったので、落ち着かせるために散歩に連れて行くことにしました。
と、そこで手渡された物が「口輪」。
落ち着いた頃に、これを付けて下さいって事でした。

口輪ですか… 口輪でも嫌な思い出があるのですよ。。。
(この時もパニックになって大変だった)

でも、看護師さんや先生が噛まれたりしたら大変なので、不安に思いながらもトライしてみました。
意外や意外、口輪の取り付けは成功したのですが、スポスポのガバガバ。
…これじゃ意味ないやん(-_-;)

まぁそんなこんなで結局は残りの抜糸は出来ずに帰ってきました。
そう。抜糸出来なかったんですよ!!!

でも、これ以上無理矢理するのは病院嫌いになる可能性大なので仕方がないのです。
糸も2ヶ月もすれば自然と緩んでとれるので心配ないとのこと。

にしても、結構簡単そうに パチンッ スルッ って取ってあったので、私に出来ないこともないのでは?!と密かに思っていたのでした。
もちろん帰ってから(真似して)早速やりました。

残りの糸は全て私が抜糸しましたよ

ふ~~ これにて一件落着☆
弁慶の話題 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
すごいrico*先生!
そうですよね抜糸ぐらい家でもできらぁ~(パチパチ)
大変でしたね、弁慶君は本当に医者ぎらいなんですね
普通は固まってしまうのに~ご苦労さまでした
友人が野良にゃんの避妊をしているのですが
飼ってあげれそうにない生粋の野良ちゃんは
捕獲して避妊手術したら抜糸はしないでまたお外に戻します
糸はなくなる糸だそうです(?)
家の子たちの抜糸はたいがい彼女がしてました。
猫舎に20数匹家に5匹と4わんことご主人1匹いるんですよぉ
*MasakondaMamさん*

いやー、参りました;;;
こんなに大変だとは。。。
あ、でも 抜糸は面白かったですよ(笑)

弁慶は今までほとんど病気をしたことがないので病院での嫌な思い出ってのは
ほとんどないと思うんですけどね。
でもやっぱり嫌いなんでしょうね~。

なくなる糸ですか。
弁慶もそんなので縫って欲しかったなぁ~。。
でもきっと傷口をぎゅっと合わせ縫わなきゃいけなかったから
そういうのは使えなかったんでしょうね。
糸も結構太い糸でしたもん。
余談ですが、私が盲腸の手術した時は、傷口をテープで留めるだけだったんですよ~(笑)
もちろん抜糸なし! なるべく傷が残らないようにって配慮だったらしいんですけど、
ケロイドっぽくなる体質なのでしっかりくっきり残ってますけどね^^;

それにしてもお友達さんはスゴイですね!!
猫ちゃん20数匹、わんこ4匹… 頭が下がります…m(_"_)m ハハァ~
にしても、ご主人1匹には笑っちゃいました~~(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。