スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

こげんたちゃんへ

2006/04/18 Tue 17:42

痛かっただろうね。
苦しかっただろうね。
怖かっただろうね。

悲しかっただろうね。

ごめんね。
あなたに謝らなきゃいけないよ。
あなたにした酷いことは、
私と同じ“人間”がしたんだよ。

あなたは人間のことを信じていたんだよね。
お家に連れてこられてごはんをもらった時、
「おいしいよ。ありがとう。」って
キラキラした瞳を向けて。

今日は暖かい屋根の下で寝れるんだって。
明日はどんな一日がやってくるのかなって。
楽しいことを考えながらごはんを食べたんだよね。


――まさかあんな事が起こるなんて。


ごめんね。
あなたにした酷いことは、
私と同じ“人間”がしたんだよ。

ごめんね。


こげんたちゃん。

子猫達と戯れる時、私はあなたの事を想うでしょう。
撫子をなでる時、あなたの魂が安らかでいられるように。
官九郎を抱きしめる時、あなたの魂も抱きしめます。

あなたが生きている間にしてもらえなかったことを。

心から祈ります。
二度とこんな事が起きないように。


ここ数日、ずっとこげんたちゃんの事を考えています。

2002年5月。
福岡で起きた猫虐殺事件。
虐殺の様子を逐一インターネット上で報告していたというもの。

4年も前に起きたこの事件をどうしていまさら?って思われるかもしれません。
でも最近、猫関係のコミュニティに足を踏み入れ、改めてこの事件について考える事になりました。


私は動物が好きです。
犬や猫はもちろんのこと、ほかの動物たちのことも。

当然の事ながら、こんな酷い事をした犯人の気持ちはさっぱりわかりません。
一体何がしたかったのだろう?
悪いのは犯人だけでしょうか。
掲示板で助長した周りの人間達も同罪なのではないでしょうか。

中国の猫惨殺事件だって同じです。
趣味ってどういう事ですか。

そりゃぁ色んな人がいる世界だもの。
全員が全員動物好きとは限らないでしょう。
中には見るだけでイヤ!って人だっているでしょう。

嫌いだからって痛めつけるでしょうか?
嫌いだからって殺すでしょうか?

動物虐待はこれだけではありません。
表沙汰になるのはほんの一部なのです。


私に何ができる?
…正直何も出来ないのです。
何もしてあげられない。

ただ祈るだけです。
こげんたちゃん達の魂を。

二度とこんな事が起きないように。

こげんたちゃんのHPはこちらから
えとせとら | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こげんたちゃんの事、動物実験の事、どれも映像が目から離れません。今もこんな子達が存在するのかと思うといても立ってもいられません。確かに何もしてないしできないでいます・・・出来ることの限界(限界ではなく限度ぐらいですよね今は)を線引きしている自分をずるいようにも思いつつ、せめて今家にいる子達を幸せにするしか今の私はできないのが残念です。
動物実験は壮絶ですワンコもにゃんこもうさちゃんもいっぱいいるのですよ!!何の罪もない子たちなのに
*MasakondaMamさん*

今回はこげんたちゃんの事に重きを置いて書いたのですが、
毎日のように繰り返されている動物実験もいたたまれないですよね。。。
毛皮目的でむやみやたらに捕獲したりとか。
人間ってどうしてこんなに罪な生き物なのでしょうか。

動物実験に限って言えば、病院で処方してもらっているお薬の殆どは、
その動物実験の成果として出来たものなんですよね。
例えば私たちが食すお肉(牛・豚・鳥・魚介etc…)だって尊い命を
頂いているんですしね。
全部が全部否定できなくとも、少なくとも無駄な動物実験や嗜好目的の物だけに
その大切な命を奪って欲しくないと思います。


もちろん動物実験を容認してるとかじゃなくての意見なのですけど。。
人間でその実験が出来ますか?
…できないでしょう。動物だって同じ重さの命ですよ …って。
なんかうまく伝えられないです。 ゴメンナサイ;;

私もそうです。
今家にいる子達を、その命を全うするまで幸せにしてあげたいって思います。

管理者のみに表示
« 抜糸 | HOME | シマシマ親子 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。