スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

刻一刻と。

2006/12/22 Fri 19:24

つばめ&こまち

こまちとつばめとのお別れの日が近づいてきました。
まだ具体的な日時は決まっていませんが、もうすぐなのは事実です…。
今年中…もしかしたらクリスマス明け頃かも。。

でもですね、不思議と寂しくはないんですよ。
なぜならばこの子達の行き先は、拾い主さんのところだからです!!
まだ目も開いていない、この子達を見つけて下さった方の元で
第2の猫生を歩むことになりました。
元々その方のサポート的な存在で私がお世話をしていたので、結論から言うと、
結局里子に出すことはできなかったと言うことになります^^

前にも一度書いていたと思いますが、拾われた方は目が見えません。
見えないだけではなく、身体にも障害を持ってあるので歩くのも少し困難な感じなのです。
奥さんと子供もいらっしゃいますが、子供さんはまだ5歳でその子もちょっと視力が弱いのです。

その様な状態なので、本音を言うと動物どころではない状態なのでしょうが、やはりそれは愛情。
ミルクを飲ませ、排泄の世話をし、一生懸命育てた子猫達はすでに、何にも代え難い大切な家族の一員なんですよね(*^^*)

今、猫達が不自由しないようにとの配慮で、1部屋を猫用のお部屋に改装中だそうです。
その準備が出来次第お引っ越しすることになると思います。


…いつでも会えるから寂しくはないと思っても、やっぱり実際我が家から居なくなると
寂しくなるんでしょうね(涙)
こまち&つばめ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
v-238
Ils sont vraiment tres mignons vos petits chats.
Cher Myriam
Merci si beaucoupi-80

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。