スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

子育て開始☆

2006/03/31 Fri 18:48

F1000096.jpg

2ヶ月の妊娠期間を経て、やっと産んだと思ったら休む間もなく今度は子育て開始。
しかもそれを泣き言ひとつ言うことなく、ただ黙々とやってのける撫子には脱帽ものです。
すごいです。 母強し!ですね。

出産だって誰の手を借りることなく全部一人でしてしまうんだもん。
時折襲ってくる陣痛に耐え、背中をふるわせていきむ撫子を見ていると、涙が出てしまいました。


さて、出産直後から早速始まった撫子の子育て奮闘記。
これからちょくちょくアップしていけたらなぁって思っています。
子猫の成長っぷりもご紹介していきたいので。


私自身、猫の子育てを見守るのはこれが初めて。
今までは犬ばかりを飼っていたので、どうしても犬の子育ての姿が基準になってしまっているのです。

撫子が出産した日の翌朝。
私が目を覚ますと左腕に丸く黒い固まりがありました。
ん?と思って見てみると、なんと撫子が私のベッドの中に潜り込んで眠っていたのです。
えぇぇぇぇーーー?! まさか早速育児放棄ィ?! と、慌てて飛び起きました。
3月末の九州とはいえ、夜~明け方にかけてはまだ肌寒い気候。
しかも産まれて間もない子猫にとってぬくもりは大切なはず。
なのになのに、母親の撫子は私と一緒に寝てるではありませんか!!

急いで子猫達の様子を見てみると微動だにしていない…
ま・まさか…
ドキドキする胸の鼓動を押さえ、そ~っと子猫を触ってみると、ピクピクっと反応がありました。
ほ~~、よかったぁ~~=33
安心したのも束の間、眠りを起こされた子猫達はピーピー元気に鳴き始めました。

鳴き声を聞いた撫子は、「もぅせっかく眠ってたのに起こしてくれちゃって~」とでも言いたそうな顔をしながら子猫達の元に行き、早速おっぱいを与えはじめました。

…以前飼っていた犬は、出産の後は子供につきっきりで、片時も離れようとしなかったのです。
それが母親として当たり前のことだって思っていたので、正直これにはビックリしました。

「子育てはきっちりやります。でも自分自身の時間もきっちりとらせていただきます」
撫子はきっとそんな育児方針をもっているんでしょうね(笑)
まぁそんなところが気まぐれな猫の子育てスタイルなのかなぁなんて思ったりして。

昨日は病院に行く機会があったので先生に聞いてみたのですが、子育てスタイルは猫それぞれらしいです。
子供に全身全霊を尽くす猫から全く育児をしない猫もいるそうで。

撫子の場合、適度な息抜きの仕方を知っているんでしょうね~って言われました。
…確かにそうかも。

そんなちょっぴりドライな母猫に育てられる子猫達は、生後丸1日を過ごし、益々食欲旺盛になってきました。
鳴き声も大きくなってるーー!!

特に第二子の黒2号(仮名)は一番の食いしん坊さんのようです。
他の2匹はお腹一杯になったらおっぱいから口を離し寄り添うように寝ているのに、この子だけはおっぱいをくわえたまま寝ちゃうんです(笑)
産まれてすぐになかなかおっぱいに吸い付く気配がなく、一番心配したのがこの子だったのに。
よくわからないものですね^^
きっと徐々にそれぞれの性格が出てくるんでしょうね☆

これからの成長っぷりが楽しみです♪

F1000093.jpg
スポンサーサイト
撫子の話題 | コメント(7) | トラックバック(0)

感謝の気持ち。

2006/03/31 Fri 18:12

ここ最近は年度末の超多忙な日々を送っていて、中々更新もままならずコメントも遅れ気味になってしまってゴメンナサイm(_"_)m

やっと今日で少し仕事にメドがつきましたので、溜まりに溜まっていたコメントにお返事させていただきました。
遅くなってゴメンナサイね!!

それから、ムービーの方にもコメント下さってありがとうございます。
そちらの方にもお返事しています☆
…しかし、つなビィの方、重くないですか??
コメント入れても反映されるまでにかなーーりかかりますよね。。。
それでもめげずにコメント下さって本当に感謝です☆

ありがとうございました!!
えとせとら | コメント(0) | トラックバック(0)

産まれました~!

2006/03/30 Thu 16:08

F1000094.jpg

昨日からちょくちょくムービーにアップしていたのですでにご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、ついに撫子が出産いたしました!!!
性別はまだ分からないのですが、真っ黒2・キジトラ1の計3匹です。

ここ最近は忙しく毎日残業続きだったのですが、昨日は車検の為、代車を持ってきてもらう約束をしていたので6:30頃に家に帰りました。
車の受け渡し等を済ませ部屋に入ると、いつものように撫子が足下にまとわりついてきました。
甘え方も普段と変わらなかったので、「なーこ、まだ産んでなかったんだ~」などと言いながら部屋の電気を付けてみると、なんだか部屋の様子がおかしい。
トイレ砂がありえない所に飛び散っていたり、産箱に敷いていた新聞紙が散乱していたりしてるんです。ウンチも転がってたりして^^;
もしかして?!と思い慌てて撫子の生殖器を見てみると、真っ赤な風船みたいなのがプクッと見えていたのです。

あぁぁ! 出産が始まってるーーーー!!!!!

前々から心の準備はしていたものの、いざとなるとテンパってしまった私
いやね、ここ数日は仕事から帰って部屋に入る時、いつも気合いを入れて(?)入っていたのですよ(苦笑)
でも昨日は気合いを入れずに部屋を開けちゃったんですよねー^^

まず彼にソッコー電話し、いたずら電話よろしく「撫子出産始まったー!!」と言い残し次に病院に電話。「風船みたいなの出てるんですけど、すごーく出血してるんですけど大丈夫ですか??!」などと質問攻め(苦笑)
…いやホントお恥ずかしい位にテンパってしまいました^^;

その間も撫子はゴロゴロ甘えた声で鳴きながら膝の上に乗ってこようとしたり、手をガジガジ噛んだりして出産の痛みに耐えている様子。
その姿を見て「あぁ辛いのは撫子なんだ。私じゃない。私がテンパってどうする?!」とやっと冷静になれました。

20分程撫子の頭や背中をなでたりしていたのですが、一向にその風船みたいなの(いわゆる羊膜)が出てくる気配がありません。
まだしばらくかかるだろうなぁと思ったので、散らかった部屋でも掃除しようかととりあえず猫トイレの掃除をすることに。

トイレを洗って砂を替えて…をして部屋に戻ると、撫子がベッドの中から出てきました。
まさか?!と急いで布団をめくってみると、そこには小さな小さな黒猫ちゃんが産み落とされていました。
撫子も、産んだよ見て見て~!と言ってるみたいに、赤ちゃんを鼻先でつんつんして私に見せてくれるのです。
「撫子ぉ~!! よく頑張ったね、頑張ったね~(涙)」いっぱい頭をナデナデしてあげました。

ウニウニ動く小さな小さな赤ちゃん。
まだ産まれて十分と経っていないのにおっぱいを探しているんです。
本能ってすごいですよね。 生命の神秘 感動です(涙)

…にしても、出産場所をベッドの中にしなくても~~(TдT)グスン
片付けが大変だったです;

その後は産箱に移したので、2匹目以降は産箱の中で産んでくれました。

1匹目 黒  19:10出生
2匹目 黒  20:45出生 
3匹目 キジトラ  21:18出生 

第一子
F1000091.jpg

第二子
F1000090.jpg

第三子
F1000092.jpg

官九郎の子供ではないけれど、官九郎みたいな柄の子が1匹でも産まれて欲しかったので、3匹目の足に縞模様が見えた時は嬉しくてたまりませんでした(*^ω^*)

…もしかしたら本当に官九郎の子供だったりして?!
私が知らない間に…… ってそんなことはナイか(^ー^;)アハハ
でも聖母マリア様のように、もしかしたら官九郎の子を宿してくれたのかも?! なーんてネ☆

それにしても、貴重な出産に立ち会えて本当に良かったです。
前日までのように帰宅時間が9時とか10時だったら出産に立ち会うことは出来なかっただろうし。
撫子も私の帰りを待っていてくれたのかな?

本当に良く頑張ったね、撫子。
ありがとう。

>>続きを読む・・・
撫子の話題 | コメント(4) | トラックバック(0)

出産予定日

2006/03/27 Mon 19:13

F1000055.jpg
携帯なので画像悪し。

今日か今日かと待っているのですが、一向に産む気配のない撫子。
もしかして予定日を大幅に過ぎているのでは?!と不安になったので、計算し直してみると、どうやら今日は63日目に当たるようです。
本やネットで色々調べてみると、63日目はちょうど出産予定日だとか。
60日~65日の間で出産するのが多いようなので、特に目が離せない状況に突入しているんだなぁと、ドキドキに拍車がかかってしまいました^^;

出産前の猫は食欲が無くなって…とか書いてあるのですが、撫子に至っては一向に食欲が落ちる気配がないのです。
今朝もモリモリ食べていたので今日もまだなのかなぁ…
…と思いつつも、こうやって仕事をしている間に家で産んでたりして。
できれば立ち会いたいので、夜中産んでくれるといいんだけどなー。

嗚呼!! お腹の中で動き回る元気なベイビー達に早く会いたいよ~!!!
撫子の話題 | コメント(4) | トラックバック(0)

キリリ!

2006/03/27 Mon 18:35

横顔

新しい病院に移り治療を開始して早10日。
官九郎は日に日に元気になってきています!!
ウ○チも8:2の割合でしっかりしたウ○チが出るようになりました。
(↑もちろん2のほうが下痢)

腸の動きは正常な猫に比べるとまだ早いそうなのですが、これは徐々に良くなってくるらしいです。
とりあえずは下痢止めの薬(1日2回投与)を続けることになりました。
フードの方はウォルサム(消化器サポート)からヒルズ(i/d)の処方食に変更することになりました。
病院によって取り扱うメーカーが違うんでしょうね。
そうそう、体重も500g増えてたんですよ!! どうりでおむつ交換の時にズッシリくると思った^^;

本人もお腹の調子がいいからなのか、良く動くようになりました。
それにそれに!
大好きな“かくれんぼ遊び”をねだるようになったんですよ(涙)
これは本当に嬉しいです ホロリ…

撫子にちょっかいを出す気力も戻ってきて、ちょっかいを出しては怒られる…を繰り返しています(笑)
(撫子は臨月も臨月なので官九郎にかまってる余裕はないのです)

暖かくなったので、日中は事務所の一番日当たりがいい場所から外を眺めている官九郎。
キリリとした横顔に元気が漲っているように見えるのは親バカだからでしょうか(笑)
官九郎の話題 | コメント(4) | トラックバック(0)

今月中には…

2006/03/22 Wed 11:07

060317_2.jpg

今日は撫子の話題でも。

先日、妊娠疑惑を記事にしていましたが、やはり妊娠で間違いなかったようです。
あれからお腹はどんどん大きくなり、胎動も感じられるようになりました。
とても元気なお坊ちゃんかお嬢ちゃんがいる様で、毎日お腹の中で大暴れしています。
つい2日前には母乳が出ることも確認できました。

撫子はもともと野良猫で、今まで半分家猫・半分外猫状態だったのですが、妊娠後期を迎え、野外で出産しないように家から出さないことにしました。
撫子自身も、昔は家の中に入れっ放しにしていると外に出たくてソワソワしていたのですが、今はお腹が重たくて運動する気も起きないのか、毎日ひたすら寝てばかりです。

それにしても一体何匹入っているのかなぁ?
3~4匹位は産むのでしょうか。
以前飼っていた犬の時(柴犬)は、1回目3匹、2回目4匹、3回目3匹、4回目2匹、5回目1匹だったんですけど。
撫子の場合、一度は出産経験があるようなので、今回は4匹位産むんじゃないかなぁと踏んでいます。

昨夜は妙に落ち着きがなく、部屋中ウロウロしたりゴロニャン甘えてきたりしていたので、お!いよいよか~?!とドキドキしてその時を待っていましたが、どうやら違ったみたいです^^;
撫子の行動に一喜一憂する私…
できることなら私達が家にいる時に産んでくれるといいんですけどね。

楽しみの反面、出産時の心配と子猫達の里親探しのことも考えなきゃいけないので、ちょっぴり複雑な気分というのも正直なところです。
でも産まれてきた赤ちゃんの姿を見たら、きっとそんな事すっかり忘れちゃうんでしょうね。手放したくない~!とか言って(笑)
…あ゙ーでも里親探しは早いとこ考えておかねば~~!!
撫子の話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

今日の官九郎

2006/03/20 Mon 22:12

ボク、絶食頑張ったよ!
ちょっとやつれ顔^^;

食事解禁2日目。
徐々に食事量を増やし、今晩からは今までと同じ量に戻しました。
頼む!下痢よ出てくれるなよ~~~(切実)

気になる官九郎のウ○チの状態ですが、絶食前に比べると随分固まってきました。

官九郎の肛門は括約筋があまり発達していないので、下痢の場合、ちょっとした刺激(寝返りや抱き上げ等)で出てしまってたんですよね。
なのでその度にオムツ交換をしなければならなかったのですが、今日は1度も漏れてお尻が汚れる事がありませんでした!

こんな事って久しぶり!! ビバ☆快適オムツライフ!!!
約2ヵ月ぶりです(T_T)

このまま徐々に腸内活動が正常になってくれるといいんだけどな~
でもまだまだ油断はできないので、ぬか喜びしない程度に喜んでおくことにします(笑)


ちなみに今日は通院日でした。
下痢止めの注射を2本お尻ブチューッ!
幸か不幸かお尻は痛みを感じないのでケロッとしている官九郎^^;

今までの病院では、先生が説明のために腕を上げただけで「シャーーッ!」と威嚇していたのに、今度の先生とは相性がいいのか、今までにまだ一度もシャー!と言っていません。
注射の時もやさしく声をかけて下さるし、1本の注射が終わるごとにヨシヨシと頭を撫でて下さるので、官九郎にとっては怖いイメージがあまりないのかも!?
元々男の人は嫌いなので、頭を撫でさせるコト自体ビックリなんですけどね。(弟にさえ撫でさせないので;)

次の通院日は金曜日。
それまで下痢止めの飲み薬を朝晩飲ませなければなりません。
ネコちゃんに薬を飲ませるのは大変とよく聞きますが、官九郎の場合今まで一度も苦労したことはありません。
口の両脇に人差し指と親指を軽く突っ込んで、薬をポイッと入れるだけ。
そしたらゴックンと飲んでくれるんです。
所要時間約2秒。 とってもお利口さんです♪

早くごはん食べたいな~

>>続きを読む・・・
官九郎の話題 | コメント(6) | トラックバック(0)

食事解禁!

2006/03/19 Sun 23:30

やっと食事解禁です
金曜日の夕方から今日のお昼まで、水1滴さえも飲ませられなかったので本当に辛かったです(涙)
官九郎がごはん食べられないので私も一緒に絶食してました。。。
辛いのはお母さんも一緒だよ!!!!(昨日の夜は少し食べたけど…;官九郎ゴメン!)

さて、昨日から今日にかけての官九郎の様子なのですが、とにかくお腹が空いて仕方がない様子でした。(そりゃそうだよね)
カサカサッとビニル袋の音がしようものなら飛んできてニャアニャア。
夜中も数回目を覚ましてはごはんを催促。
ごはんをもらえないとわかると部屋中をウロウロ…
思わず食べさせてあげたくなる衝動をぐっとこらえ、心を鬼にして我慢しましたよ;

お昼に、普段の食事量の3分の1を与えました。
3分の1じゃ足りないだろうなぁと思っていたけど、意外や意外、それでも少し食べ残していました。
長い絶食で胃が受け付けなかったんだろうなぁ。

食後、約5時間後に少量の下痢が出ました。
量的には少しだったのですが、やっぱり下痢……
少し悲しくなってしまいましたが、最初に先生がおっしゃっていた「2ヶ月も続いている下痢が1日2日で治るとは思わないように」の言葉を思い出し、改めて自分に言い聞かせました。
焦らずゆっくりじっくり治っていけばいいよ。


にしても、官九郎に今まで見られなかった行動を観察することができました。

普段、私達が食べている物にはあまり興味を示さないのですが、昨日は父が食べるサンマを欲しがって手を伸ばしてきたんです。
今までテーブルの上(手を伸ばせば届くところ)に食べ物があっても絶対手を出したりしなかったのに、ニョキッと手のひらを広げテーブルに手を乗せてきたんです。
よっぽどお腹が空いていたんでしょうね。
それに、買い物をしてきた買い物袋ひとつひとつにも顔を突っ込んでいました(笑)

それからもう一つ。
癇癪を起こして私の腕に噛みついてきたんですよ(苦笑)
今まで何度も官九郎に噛まれてきましたが、噛み方が違うんです!!
喉をゴロゴロ鳴らしながら「あぅあぅ」声に出しながら噛むんです。

…私の腕がハムにでも見え…た…??(笑)
官九郎の話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

絶食は続くよ…

2006/03/18 Sat 23:38

絶食から丸1日経った今夕、再度病院に行ってきました。

下痢も昨日の夜までに2度出た以降はピッタリと止まり、久しぶりにお尻にさらさら感が戻ってきました。(昨日検便用のウ○チ採っといて良かったー)
食べてないから出ないのは当然と思っていたのですが、下痢が続く時は体内の分泌物も下痢として出てくるそうなので、これは一時的に下痢が止まったと言ってもいい状態だそうです。
でも、あくまでも“一時的”なものなので、食事解禁後も下痢が出ないとは言い切れないそうです。

それにしてもおむつ交換がすごく楽!
お尻洗い用のお湯も用意しなくていいし、お尻ふきでちょちょっと拭くだけで事足りるんだもん!
この感覚久しぶり~!! このまま治ってくれると本当にいいんだけど。

便の検査もしてもらったのですが、特に異常はないそうです。
虫もいなかったし、悪い菌も見つかりませんでした。

じゃあどうして下痢になるのか?
…この辺は先生も正直頭が痛いそうです。
せめて結果として「何か」が見つかるといいんでしょうけど…

今日はお尻に注射を2本と飲み薬をもらいました。
あと、明日のお昼まで絶食を続けることになりました。

お腹減ったよね、官九郎。 あともう少し! 明日のお昼まで頑張って!

>>続きを読む・・・
官九郎の話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

新しい病院

2006/03/17 Fri 20:15

060317_1.jpg

思い切って新しい病院に行ってきました。

本当は今日、今まで通っていた病院に行く予定だったのですが、事前の電話の際の、先生のちょっとした発言にキッパリと見切りをつけることができました。(先生ごめんなさい)

先生に、ここ4日間の状況を説明すると、「それじゃあ今度はもうちょっと強いお薬を飲ませてみようかね」と言われたんです。

強い薬……

今まで何回も何回も薬を替えてもいい結果が得られなかったのに。
毎回お試し的に薬を替えるだけでは絶対いい結果は得られない。
もっと根本的な、どうして下痢が続いているのかという“原因”から追求していかないといけないはずなのに。

私も悪かったんですよね。
もっと早く思い切れれば良かったのに。 …ハァ。。。

…もっと色々書きたいことはあるのですが、これ以上書いてるとなんだか先生の悪口みたいになってくるのでこれ以上はやめときます。。。


閑話休題。
冒頭にも書いたように、新しい病院に行ってきました。
クチコミ等で「ここはどう?」と教えてもらった病院です。

すごくドキドキしたのですが、思い切って良かったです。
私の説明もきちんと聞いて下さり、先生も丁寧に順序よく説明して下さいました。

端的に言うと、ものすごく深刻な事態だそうです。

本来ならば蠕動運動を繰り返して食べ物を送り出すはずの大腸が、ビロンと伸びた状態になって、ほとんど大腸としての機能を果たしていない状態だそうです。
だから食べた物が高速で外に送り出されてしまっているとか…。

2ヶ月も下痢が続くこと自体が異常だとも言われました。
…そうですよね、そんなの当たり前ですよね…

今の状態では治療のしようがないので、まずはこれから丸々1日絶食(水も一切ダメ)をして、それから治療に入るそうです。
(イメージとしては水分を含んでぶよぶよになった腸を乾かす感じだそうです。)
1日何も食べさせず、明日になって腸がどれだけしぼんでいるかを確認し、その時の状況を見て今後の治療方法を考えていきましょう、とのことでした。

丸1日の絶食は辛いだろうなぁ…
水もダメなんて…(涙)

今はもう、なかなか踏ん切りをつけられなかった自分が腹立たしいです。
もっと早く連れて行っていたら、もう少し状況は違っていたはずなのに…。
ダメ飼い主ですよね ほんと、嫌になっちゃいますよ!!!(涙)

…でも、今更そうやって自分を責めてたって何も変わらないので、これからは官九郎と共に、新しい先生と共に頑張って行こうと思います
これから先のことをしっかり考えて行かなくちゃ!!

診察中の官九郎の様子ですが、ビックリしました。
すご~~~く大人しくしてたんですよ(笑)
いつも知らない人に対しては「シャーーーッ!!」って怒ったりしてたのに。
特に男の人はダメなので、先生にも威嚇するかなぁって思ってたのですが、頭ナデナデしてもらってもちっとも怒ったりしませんでした。
助手の女の人にもちょこんと抱っこされたりして。

あれれ~?いつもと態度違いますよ~官九郎さん(笑)

場所やニオイが変わったからビックリしてたのかな?

>>続きを読む・・・
官九郎の話題 | コメント(7) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。